高田崇史Official Web Site -club TAKATAKAT

  • twitter
  • facebook
  • kodansha
  • amazon

ESSAY

  • 『QED 優曇華の時』

    8年ぶりの「QED」長編となりました。

    今回は信州・北アルプス山麓、安曇野です。

    その地に建つ「日本アルプスの総鎮守」

    信濃国三之宮・穂高神社に絡んでの話です。

    古い歴史を持つこの神社では「御船祭」と呼ばれる、

    穂高最大の例大祭が執り行われるのですが、

    北アルプス山麓なのに何故「御船祭」なのか?

    その理由は、この神社創立には、

    古代日本を代表する「海神」「海人」である、

    「安曇族」が関わっているためといいます。

    では、どうして「海人」である彼らが

    遥々と信州の地までやって来たのでしょうか。

    いや、それ以前に、

    なぜ「安曇」と書いて「あずみ」と読むのでしょう?

    「安」の「あ」はともかく、

    「曇」はあくまでも「くもる」「ドン」「タン」で、

    どうやっても「ずみ」とは読めません。

    それなのに「安曇」が「あずみ」??

    不思議に感じて色々な方にお尋ねしたのですが、

    「昔からそうだった」という以上の回答は、

    結局得られませんでした。

    そうであれば、その理由は……

    という謎にも桑原崇が挑みます。

    また今回、崇と奈々が出かける先は山梨県石和。

    鵜飼見物です。

    この「鵜」も不思議な鳥で、

    国歌「君が代」の二番の歌詞にも登場していますし、

    この羽で産屋の屋根を葺き終える前に

    誕生されたという「ウガヤフキアエズ」命は、

    わが国の初代天皇・神武の父神です。

    更に、人々が正しい信心に目覚めるならば、

    「真鳥(まとり)」である「鵜」が、

    この世に姿を表すであろう、ともいわれてきました。

    それほどまでに立派な「鵜」とは、

    一体「何もの」なのでしょう?

    こちらに関しては、

    崇が最後の最後に秘密を解き明かしますので、

    ラストまでお楽しみに。

    そして肝心の(!)メインテーマは、

    先程来の「安曇」「綿津見」「宗像」「住吉」など、

    海人族と「隼人」たちです。

    特に隼人たちは実に凄惨な歴史を紡ぎ、

    辛酸を嘗めさせられてきました。

    そしてそれは、現代までも繋がっています。

    「歴史」はその場限りの断片ではないからです。

    皆さまも彼ら「海神」の慟哭に耳を傾けていただき、

    崇たちと共に歴史の旅にご一緒していただければ、

    これ以上の幸せはありません。

    ではでは、よろしくお願いします。

     

ESSAY

  • 『源平の怨霊』サイン本

    『源平の怨霊』サイン本を置いていただける書店さんは、

    以下の通りです。ありがとうございます。

     

    旭屋書店池袋店
    大垣書店 京都ヨドバシ店
    紀伊國屋書店堺北花田店
    紀伊國屋書店新宿本店
    紀伊國屋書店ゆめタウン博多店
    紀伊國屋書店横浜店
    三省堂書店池袋本店
    三省堂書店そごう千葉店
    ジュンク堂書店池袋本店
    ジュンク堂書店 京都店
    ジュンク堂書店名古屋栄店
    書泉ブックタワー1F
    ときわ書房本店
    戸田書店静岡本店
    ブックファースト新宿店
    丸善博多店

    (敬称略)

     

    ではではよろしくお願いします。

ESSAY

  • 『源平の怨霊』

    6月26日に新潮社より文庫『卑弥呼の葬祭』が、
    27日に講談社より『源平の怨霊―小余綾俊輔の最終講義―』が上梓されました。
    連続になってしまいましたが(笑)よろしくお願いいたします。

    『卑弥呼の葬祭』に関しては以前に書いたので、ここでは『源平』に関して。

    昔から『平家物語』や「源義経」などに関する本や映画を目にするたびに、
    いつも不思議に感じることがありました。
    それは「池禅尼による、頼朝の助命嘆願」です。
    おかげで平家は滅亡への道を辿ります。
    しかし、禅尼の助命の理由として、
    若くして死んだ自分の子供に
    頼朝の顔が似ていたからといわれています。
    おかしくないでしょうか?

    二人は本当に顔が似ていたのか。
    万が一似ていたとしても、
    そのために自分の命までも賭けて敵方の子供の助命嘆願を行い、
    更に清盛が了承する?
    とても納得できませんでした。

    こんなに理不尽な話なのだから、
    いつかきっと誰かが説明してくれるだろう、
    そう思って30年以上が過ぎてしまいました。

    更にその間に生まれた疑問が
    「なぜ、源義経は怨霊として祀られていないのか」ということです。

    ご存知のように義経は天才的な戦術で
    平家を滅亡に追いやったにもかかわらず、
    兄・頼朝の不興を買い、攻め滅ぼされてしまいます。

    後日、義経の怨霊が出現したという伝説まで残っているのに、
    きちんと「怨霊」として祀られてはいません。
    あの状況で命を落としていたなら、
    間違いなく「怨霊」として祀られているはずです。

    そのために、実は生き延びていたという説も出現しました。

    更に「源平」に関しては、
    まだまだ不思議な事柄が多くあります。

    希代の英雄・木曾義仲が何故、
    いわれのない罵詈雑言を浴びせられてしまったのか。

    義経による一の谷の坂落としは行われていない可能性が高い。
    なのに、どうしてそんな話になっているのか。

    壇ノ浦の平家が、
    安徳天皇と三種の神器までも巻き込むという
    悲惨な最期を迎えざるを得なかったのは何故か。

    平家滅亡後、
    頼朝・頼家・実朝たちに降りかかった惨劇と、
    それに続く血で血を洗う鎌倉の殺戮史の真相は……。

    などなど、実に広範囲にわたり複雑怪奇です。
    ところが。
    ほんの少し視点を変えるだけで、
    これらの謎が全部、論理的に解けてしまうのです。

    しかもその答えは、実に単純なことでした。

    ではでは皆さまも、どうか主人公たちと共に、
    「源平」時代に隠された深遠な謎を追っていただければ幸甚です。

ESSAY

  • 『古事記異聞』サイン本

     

    『古事記異聞 オロチの郷、奥出雲』の

    サイン本を置いていただける書店さんは、

    以下の通りです。

    ・旭屋書店 なんばCITY店

    ・東京旭屋書店 新越谷店

    ・今井書店グループセンター店

    ・うつのみや 金沢香林坊店

    ・喜久屋書店 倉敷店

    ・紀伊國屋書店 新宿本店

    ・紀伊國屋書店 梅田本店

    ・啓文社 ポートプラザ店

    ・三省堂書店 池袋本店

    ・三省堂書店 名古屋本店

    ・三省堂書店 有楽町店

    ・ジュンク堂書店 名古屋栄店

    ・ジュンク堂書店 池袋本店

    ・ジュンク堂書店 大阪本店

    ・書泉ブックタワー

    ・ときわ書房 本店

    ・星野書店 近鉄パッセ店

    ・丸善 丸の内本店

    ・MARUZEN&ジュンク堂書店 札幌店3F

    ・八重洲ブックセンター本店

    ・流泉書房 パティオ店

    ありがとうございました。

    よろしくお願いします。