高田崇史オフィシャルウェブサイト ークラブタカタカトー

ESSAY

  • 『QED~白山』サイン本

    2017年11月8日

    『QED~ortus~白山の頻闇』のサイン本を 置いていただける書店さん名は以下の通りです。 なお、入荷時期その他に関しては、 各書店さんにてご確認下さい。 よろしくお願いいたします。   ジュンク堂書店 大阪…続きを読む

  • QED~ortus~白山の頻闇

    2017年11月8日

    今回の『QED~ortus~白山の頻闇』のテーマは、 加賀・金沢と、江戸・吉原です。 金沢に関しては、 前回の「月夜見」からちょうど1年後の話で、 奈々と崇が沙織の新婚家庭を訪れることが、 きっかけとなっています。 金沢…続きを読む

  • 『神の時空前紀』サイン本

    2017年09月8日

    『神の時空前紀』のサイン本を置いてくださる 書店さんは以下の通りです(順不同) なお入荷日時等は、各書店さんにてご確認ください。 よろしくお願いします。 オリオン書房 ノルテ店 オリオン書房 ルミネ立川店 くまざわ書店 …続きを読む

  • 神の時空前紀ー女神の功罪ー

    2017年09月7日

    「神の時空」シリーズ番外編として、 『神の時空前紀――女神の功罪――』が、 講談社ノベルスより上梓されました。 誰に関するテーマなのかは、 題名をお読みいただければと(笑) これはシリーズ全体のプロローグなので、 本編よ…続きを読む

NEWS

NEW BOOKS

QED ~ortus~白山の頻闇

QED ~ortus~白山の頻闇

発売日 : 2017年11月08日 定価:本体880円(税別)
棚橋奈々は妹・沙織の新居を訪れるべく、桑原崇と金沢へ向かっていた。白山神社の総本宮白山ひめ神社を参拝した二人は、殺人事件に巻き込まれる。手取川で見つかった首なし死体、上流で昏倒していた男、現場から走り去った女。すべてがひとつに繋がるとき、白山の謎も明らかに!
大学一年生の奈々が吉原を訪れ、崇の博覧強記ぶりを目の当たりにする「江戸の弥生闇」も収録。書き下ろし最新作!

BOOKS INTRODUCTION

  • 神の時空 前紀 ―女神の功罪―

    神の時空 前紀 ―女神の功罪―

    発売日 : 2017年09月07日
    定価:本体840円(税別)

    アカデミズムの異端児、潮田誠教授の主宰する天橋立へのバスツアーで起こった全員死亡事故の因縁を解き明かす。事故のおよそ二年前、大学関係者が立て続けに、野犬らしきものに喉元を食い破られて命を落とす。彼らは二人とも同じ研究室に所属していた。

  • 神の時空 ―倭の水霊―

    神の時空 ―倭の水霊―

    発売日 : 2017年07月14日
    定価 : 本体900円(税別)

    横浜・レンガ倉庫近くで、OLの涙川紗也が男の刺殺体を発見。その頃、東海地方は、未曽有の豪雨に襲われていた。巫女の血を引く辻曲兄妹は、この全く無関係に思える事象の背後に、古代史上の人物、日本武尊(やまとたけるのみこと)と弟橘媛(おとたちばなひめ)を巻き込んだ、巨大な陰謀の存在を察知する!

  • 神の時空 ―京の天命―

    神の時空 ―京の天命―

    発売日 : 2017年04月05日
    定価 : 本体960円(税別)

    松島、天橋立、宮島。日本三景と呼ばれる名勝が次々と崩壊炎上し、籠神社では神職が惨殺される。高村皇らの最大の仕掛の始まりだった。神々を鎮めるため、辻曲兄妹と関わりのある女性たちが全国の神社に散る。

  • 神の時空 鎌倉の地龍

    神の時空 鎌倉の地龍

    発売日 : 2017年03月15日
    定価 : 本体640円(税別)

    由比ヶ浜で、意識不明の重体で発見された女子高生・辻曲摩季の姿が病院から消失。直後の地震で、鶴岡八幡宮の鳥居が倒壊し、さらに、源氏ゆかりの地・修善寺でも異変が発生。尋常ならざる者の影を感じた摩季の兄姉と友人の陽一は、鎌倉の殺戮史を調べはじめる。

  • 鬼門の将軍

    鬼門の将軍

    発売日 : 2017年2月22日
    定価 : 本体1,404円(税込)

    触れた者に呪いが降りかかるという東京・大手町の将門の首塚。その塚が壊され、男の生首が転がった。京都・宇治川には、胴体だけの首なし死体が。これは将門のさらし首が宙を飛んだという伝説の再来か。

  • QED~flumen~月夜見

    QED~flumen~月夜見

    発売日 : 2016年11月08日
    定価 : 本体900円(税別)

    京都・月読神社で女性の絞殺死体が発見される。翌朝、近隣の松尾大社では女性の兄の死体が鳥居に吊される。事件を取材する小松崎良平は、桑原崇と棚旗奈々が一泊旅行で京都にいると知り、強引に合流する。記紀最大の謎とされる月読命の真の姿とは?

  • QED ~flumen~ ホームズの真実

    QED ~flumen~ ホームズの真実

    発売日 : 2016年09月16日
    定価 : 本体680円(税別)

    シャーロキアンの展覧会に招かれた祟と奈々は、またもや事件に巻き込まれる。参加者の一人、槿遼子が会場である館の二階から墜落。遼子の手にはスミレの花が握りしめられていた。祟は事件の鍵を「紫」と指摘。ホームズと紫式部、物語と現実が綯い交ぜとなって奇想の結末へ。

  • 神の時空 ―五色不動の猛火―

    神の時空 ―五色不動の猛火―

    発売日 : 2016年07月06日
    定価 : 本体960円(税別)

    歴史ミステリの新境地『神の時空』シリーズ第7弾! 都内各地で同時多発的に発生した放火殺人。被害者は全員十六歳で、碑文谷女子大附属高校の一年生だった。

  • 軍神の血脈 楠木正成秘伝

    軍神の血脈 楠木正成秘伝

    発売日 : 2016年03月15日
    定価 : 本体720円(税別)

    薬剤師の早乙女瑠璃は、神風特攻隊の生き残りで祖父の修吉から、『太平記』を渡される。だが、楠木正成に関する部分を読むよう告げた修吉は、何者かに毒を射たれ、瀕死の重体に。