高田崇史オフィシャルウェブサイト ークラブタカタカトー

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

%e4%b8%83%e7%a6%8f%e7%a5%9e

みなさま、初詣には行かれましたでしょうか。

仄聞するところによりますと、

1月1日ではなく旧暦の睦月朔日、つまり

今年の太陽暦で1月28日が元旦なのだとか、

いや、1月6日以降から本当の「新年」だとか、

節分を過ぎなくては「新年」ではないのだとか、

色々な説があるようです。

しかし、相手は神様・仏様ですので、

みなさまそれぞれのお考えで行かれれば

それで良いのではないかと思います。

ちなみにわが家では、三が日と節分過ぎで2回行きます。

(ファンクラブの新年会・新年度会は、

毎年、旧暦の節分以降で開かれています)

%e7%86%8a%e9%87%8e%e4%b8%89%e5%b1%b1-065

そういえば以前に、

神社関係のテレビ番組で某有名占い師の方が、

「神様は、金目の物と女性が嫌い」

などという俗説(迷信)を解説しておられました。

周りの方々は納得されていたようですが、

ムチャクチャな話です。

その証拠に、殆どの神社には鈴や賽銭箱があり、

巫女さんが奉仕されています。

それらが1つもない神社であれば、

その可能性はありますが。

%e4%b8%89%e5%b3%b6%e5%a4%a7%e7%a4%be

「弁才天をカップルでお参りしてはいけない」

「弁才天は、嫉妬深い」などというのも、

ある意味では同じ話だと思います。

むしろ「なぜ、そう言われるようになったのか」

ということが本質的な問題ですね。

ぼくの本を読んでくださっている方々には

すでに「常識」の範疇でしょうけれど(笑)

%e6%9d%be%e5%b0%be%e5%a4%a7%e7%a4%be%e3%83%bb%e5%ba%83%e9%9a%86%e5%af%ba%e3%83%bb%e7%ab%b9%e7%94%9f%e5%b3%b6%e3%83%bb%e8%b2%b4%e8%88%b92016-440

本といえば、今年はデビュー19周年という

節目に当たる(?)年なので、

なお一層、頑張りたいと思っています。

取りあえず2月下旬には新潮社から

『鬼門の将軍』が刊行される予定です。

それに伴い、とても素敵なイベントを

計画していただいているようなので、

ぜひご期待ください。

ぼくも、今からとても楽しみにしています。

こちらに関しては、具体的に決定し次第、

この場でも発表させていただきます。

%e5%b0%86%e9%96%80-37

そして3月には講談社文庫より

『神の時空 鎌倉の地龍』が、

また同じ頃に、このシリーズ最終刊となります

『神の時空 京の天命(仮)』

が、講談社ノベルスで上梓される予定です。

(あくまでも、予定です……)

%e6%9d%be%e5%b0%be%e5%a4%a7%e7%a4%be%e3%83%bb%e5%ba%83%e9%9a%86%e5%af%ba%e3%83%bb%e7%ab%b9%e7%94%9f%e5%b3%b6%e3%83%bb%e8%b2%b4%e8%88%b92016-401

またその他、

講談社の児童書として、4冊(!!)ほど、

年内に上梓させていただく予定になっています。

(あくまでも、予定です……)

またまた、それに加えて「小説新潮」でも、

新作の連載が始まるかも知れません。

なおかつ、講談社ノベルスでも、

何かしら始まるか始まらないか……等々。

%e7%a8%b2%e8%8d%b7%e3%83%bb%e4%ba%ac%e9%83%bd%e5%a4%a7%e9%98%aa-33

ということで、

今年も例によって盛りだくさんですが、

よろしくお願いいたします。

 

 

 

カテゴリー

最新の投稿