高田崇史オフィシャルウェブサイト ークラブタカタカトー

稲荷・稲荷・稲荷

熊本大地震に際しまして、その犠牲になられた方々には謹んで哀悼の意を表し、被災されたみなさまには心よりのお見舞いを申し上げます。

ぼくはたった1度ですが、

8年ほど前に『カンナ 天草の神兵』の

取材の際に伺いました。

その時のメインテーマは、天草だったのですが、

熊本に泊まり、熊本城はもちろん

八代まで足を伸ばしました。

熊本・天草・島原 (49)

そして夜は、美味しい料理と焼酎で……。

1日も早い復旧・復興をお祈り申し上げております。

熊本・天草・島原 (239)

そして先日は、松本救助さん、K木さんと共に

京都・大阪を回ってきた。

まず伏見稲荷大社に参拝して、新刊刊行の御礼。

熊鷹社まで行ってお山遥拝をして、

そのまま帰ろうとしたのだが、

余りに季候が良かったので、結局お山へ。

これはおそらく、その日最初に参拝した、

麓の白狐社に導かれたのだろうと思い、

ぐるりとお山巡りをして(但し左回り)

長者社・剱石にもご挨拶して来た。

稲荷・京都大阪 (33)

下山後、例によって神楽をお願いしたところ、

拙著のように巫女さん2人で舞っていただき、

色々と(邪気・邪念が)祓われた気がした(笑)

そしてお昼はいつものお店(?)で、

いなり寿司と鶉と日本酒。

その後、晴明神社末社の斎稲荷社に参拝して、

稲荷・京都大阪 (45)

大阪・信太を目指すという、なかなかの強行軍。

目的地はもちろん、信太森神社・葛葉稲荷である。

以前に来た時よりも、とても綺麗になっていて、

その「以前」はいつだったのだろうかと考えたら、

何と12年前だった(笑)

久しぶりに、みなさま方(?)に、

ゆっくりご挨拶できて嬉しかった。

稲荷・京都大阪 (60)

松本さんは夕食後に新幹線で帰られ、

翌日はK木さんと共に、石切へ。

『神の時空 伏見稲荷の轟雷』でも登場し、

個人的な短編にも書いた「小狐丸」が、

その日、石切劔箭神社で開帳されるということで

それはぜひ、と見学に行くことにしたのである。

稲荷・京都大阪 (153)

石切に到着し、まず上之社に向かったが、

こちらも10年以上ご無沙汰していて、

とても懐かしく厳かに参拝させていただいた。

その後、石切劔箭神社へ。

今回の宝物展は、非常に混雑するのではないか

という話だったのだが(事実女性が多かった)

やはり前日、稲荷山にご挨拶したおかげで(?)

とてもゆったりと「小狐丸」を拝見できた。

稲荷明神が向こう鎚を務めたといわれて、

素直に納得できてしまう程の素晴らしさでした。

その後、せっかくここまで来たからということで、

こちらも久しぶりの、枚岡神社に参拝。

すると、案内図にもない意外な物を発見。

やはり現地に足を運ぶものだと実感させられた。

稲荷・京都大阪 (203)

そんなこんなで2日間の取材旅行が終了したが

どこがどの作品で関係するのかは企業秘密(笑)

もう少々、楽しみにお待ちください。

カテゴリー

最新の投稿