高田崇史オフィシャルウェブサイト ークラブタカタカトー

パンドラの鳥籠―毒草師―

パンドラの鳥籠―毒草師―
発売日 : 2015年10月01日定価 : 本体680円(税別)
浦島太郎が連続殺人事件の鍵に?
毒草学の鬼才にして博覧強記、御名形史紋の名推理。
丹後半島で二年前、生薬学者が姿を消した。地域には三百歳の魔女が棲むといわれる洋館があり、首なし死体も発見されている。編集者・西田真規(まさき)は、薬学の鬼才にして唯我独尊博覧強記の毒草師・御名形史紋(みなかたしもん)、その助手の神凪百合(かんなぎゆり)と共に謎を追う。浦島太郎の「玉手箱」とギリシャ神話「パンドラの箱」がリンクする時、真相に繋がる一筋の道が現れる。知的スリルに満ちた歴史民俗ミステリ。

カテゴリー

最新の投稿